FC2ブログ
お知らせ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
最新コメント
プロフィール

Gaku

Author:Gaku
1968.8.30
北海道出身
大阪府堺市在住

放浪のような気ままな旅が好き。
ガチガチにスケジュールを組んだ旅行はしたくない。
昔のように地図を持たない旅をしたいが、時間がないね。

自転車が好き。
でもただ走らすだけじゃなく野宿しながら走るのが好き。

病気になって山登りは出来なくなったが、根っからのアウトドア派。


自転車
BROMPTON M3L GREEN
Raleigh CLUB SPECIAL RED
DAVOS 603 RED

カメラ
OLYMPUS OM-1
OLYMPUS E-3
OLYMPUS E-P2
OLYMPUS μ TOUGH-6020

最新トラックバック
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

9日目

2018.9.22

宇和の道の駅「どんぶり館」からスタート。

昨夜は道の駅の軒先を借りて、マットだけ敷いてゴロン。
寒くなったら寝袋を掛けようと準備をしていたけど出番なし。
出発前は少し肌寒くなってたので寝袋を装備して来たが、暑がりでもあるので今回の旅では出番が無かった。

暑いのもあってテントの設営回数も少ない。
虫の襲来を防ぐためにテントを何どか設営したが暑くて眠れなかった。
道の駅のような雨を避けれる屋根があって、かつ虫が少なかったら今回のようにマットでゴロンと寝ている。

この道の駅は夜明け前から人が集まって来た。
どうやら道の駅の市場に関係してる人達か?
まだ真っ暗だが、荷物をまとめて早々に退散。
街灯の少なく自転車に乗るのは危険なので、てくてく歩いて記憶の片隅にあるコインランドリーを目指す。

洗濯中に今日の目的地をざっくり決める。
さっさと東予まで行ってフェリーに乗って帰りたいが、流石に遠い。
松山までが約80km。
大洲で風呂に立ち寄りたいのでそんな所でしょう。

洗濯を終えてジョイフルで朝食。
あんまり早く出発しても風呂の開店待ちになっちゃうから時間調整。

食事を終え出発。
大洲の手前の鳥坂越えはきつい坂と記憶していたが、思いの外ラクだった。もちろん歩いて登ったが。
こんなんだったら昨日頑張って大洲を目指しても良かったかも知れない。

開店の30分ほど前に大洲の臥龍の湯に到着。
朝風呂入ってのんびりして出発。
肱川沿いに伊予長浜に行き、そこから海岸線を走る。

海岸線まで出て松山での宿探し。
道後に格安のドミトリーを見つけたので予約を入れる。
宿探しで止まっているときに、日和佐で会った自転車の旅人君とまさかの再会。

下灘駅でカメラ小僧が写真を撮っていたが、自分は数年前に撮影済みなので止まらず進む。

17時ごろ、道後に到着。
チェックインして道後温泉へ。
道後温泉本館の長蛇の列を見て、世間が連休なんだと認識する。

本日の走行距離 82.59km
スポンサーサイト



8日目

2018.9.21

四万十川沿いの十和温泉の宿から出発。

宿泊まりは快適。風呂上がりに汗で濡れる事もなく眠りにつけた。

宿を出てすぐの道の駅で休憩。
昨日の雨で濡れたままのポンチョを乾かす。
今日もどこかで雨に降られるかもしれない。

江川崎と松野に入浴できるところがあるが、そこじゃ風呂に入るのは早すぎる。
それをすぎると大洲までの間風呂に入れるところが思い当たらない。

松野の道の駅で地図を眺めてて、遍路ルートの歯長越えをした先の県道29を東に向かった先にキャンプ場と温泉がセットの場所を見つけた。

三間の道の駅で休憩。食事を取ろうと思ったがバイキング形式になじめず。

県道31を北へ向かっていくと電光掲示板に通行止めと表示している。
トンネルを抜けた先の県道21まで行けるかな?と進んで見たがゲートが出てきて断念。
入浴とセットのキャンプ場も断念。

仏木寺の先の県道279で国道56へ迂回。
下りだったがメチャメチャハードな道だった。
仏木寺の付近って結構標高が高かったんだなぁ。

国道の合流前から歩き遍路君と同行。
法華津トンネルを抜けて道が下りになるまで話ししながら歩いて来た。

宇和の町に降りてきたのが17時過ぎ。
風呂に入りたかったが近くにないので道の駅で終了。

7日目

2018.9.20
久礼にある道の駅「なかとさ」からスタート。
昨夜は道の駅のベンチでゴロン。
照明が夜の間灯っていた。
(null)
夜明け前に目を覚ます。
今日の天気予報は雨。
寝ている間に降ってたが朝は上がっている。
道の駅の店が開くのを待って食事をしてたら遅くなるので、少し戻るようになるが久礼駅まで戻ってコンビニで買い物。
雨が降ってたら戻らず進むが、まだ降ってない。
店の場所まで行くが、まだ建築中?
(null)
Google MAPで載ってたのに。
もう少し戻るとローソンがあった記憶があるが、これ以上戻りたくない。
朝食なしで峠越えの道を目指す。
峠まで6km。

全部押し歩くことはないだろうけど、ほぼ歩くことになるだろう。
8:00、歩くこと1時間半で峠に到着。
(null)
峠の手前で霧雨になったが、雨より汗でずぶ濡れ。
降雨を警戒して着衣に手間取る雨具のズボンだけ履いていた。
峠で休憩中に小雨へ変わる。
これ以上降ってきてもここじゃ雨宿りもままならないので窪川の道の駅を目指す。
9:00 窪川の道の駅に到着。
来る間に本格的に雨が降り始めた。
レストランが開いてたので朝食して雨宿り。
なんと14:00まで道の駅で留まっていた。
雨は完全に止んではいないが出発。
走ってすぐ、窪川の町のコインランドリーでストップ。
洗濯を済ませ15:30走り出す。
窪川から国道381。
初めて通る道で「急坂が待ち構えていたら」と不安もあった。
四万十川沿いにキャンプ場はたくさんあるが、雨の中テント設営&撤収は嫌。
それに風呂に入りたい。
窪川の道の駅で雨宿り中に色々調べて、十和に立ち寄り温泉がありその先1kmほどで道の駅がある。
ただお風呂は20時までらしいく、40km先でもある。
すでに15:30。押し歩くような坂が続いたら間に合わないかもしれない。
不安は杞憂で、晴れてれば走ってて楽しい道だった。
17:30に十和温泉に到着。
直前になってまた強く雨が降ってきた。
受付で素泊まり可能か確認。
宿泊可能だったので今夜は野宿じゃなく宿止まり。